三島町

更新日:2022年06月16日

福島県の西部に位置し、尾瀬を源流とする只見川沿いにある山々に囲まれた、人口1600人ほどの小さな町です。18カ所に集落が点在し、冬は積雪が1.5メートルを超えることもある豪雪地域であります。古くから「会津桐」の産地として知られ、町内随所に植えられており、春には一斉に薄紫の花を咲かせます。また只見川に沿ってJR只見線が走り、渓谷と鉄道が織り成す四季折々の風景を見ることができます。

春は山菜採り、夏~秋は畑仕事、冬は暮らしの道具を作るものづくりと、人々は自分たちの手で豊かな暮らしを営んでいます。雪国ならではの知恵や暮らしに根付く民俗行事が継承され、「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。

小さな町だからこそ、人と人が顔の見える関係でつながり、また、様々なことにチャレンジできる場があります。

一面銀世界のなか、山間の川にかかっている大きなアーチ橋の只見線第1橋梁を渡る2両の気動車の写真
3本の巨大な火だるまの柱が夜空に燃え上がっており、それをたくさんの人々が見守っている雪と火のまつりの様子の写真
三島町の詳細
市町村相談窓口 地域政策課
電話:0241-48-5533
ファックス:0241-48-5544
三島町地域政策課へメールを送信
町の概要(三島町のサイト)
住まい
子育て

この記事に関するお問い合わせ先

福島県地域振興課(移住・定住担当)

住所:〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
電話番号:024-521-8023
ファックス番号:024-521-7912

お問い合わせフォームはこちら